自分を癒す時間を持つ

自分を癒す時間を持つ
自分を癒す時間を持つ
不登校のよくある問題に、
母親が心配のあまりダウンしまうことがあります!

お母さんがダウンしてしまうと
一時休息のつもりで不登校になった子供も
余計暗くなってしまいます。

母親は、家でゴロゴロしている我が子を見ているだけでも
大変なのに、学校や相談機関との連絡など心労が重なる事も
多いので、自分を癒す時間を意識的に取る必要があります。

また、学校やフリースクールなど行き始めても
暫くは行ったり行かなかったりと気ままな時期が
ある事が多いです。

そんな時も我が子を辛抱強く応援出来る母親でいる為に
「自分を癒す、誉める」という事が重要なのです!

皆さんは何かご自分を癒すことをされてますか?

忙しいとついつい後回しになって出来ないまま、
悪循環になってしまうので、少しづつでも時間を作って
自分を癒す事をやって見てください。

体や神経が疲れていると、イライラや短気を
起こしてしまい、後で後悔する事になってしまいます!

ご家族の為にも積極的に自分を癒す時間を定期的に
持つようにしておきましょう!



コメントを読む  コメントを投稿する
家で出来るセラピー

忙しいとついつい後回しになって出来ないまま、
悪循環になってしまうので、少しづつでも時間を
作って自分を癒す事をやってください。


では家でも簡単に出来きて癒しの方法をまとめて
お話します。

・ぬるめのお風呂ゆっくり入り、
 好きな香りアロマを数滴垂らせば
 更にリラックス効果は高まります。

・好きな音楽、癒しの音楽を聞く。
(心理学でも音楽療法というのは神経を休めるのに
 有効な療法の一つとしてと言われています。)
 ですから子供が好きな音楽を聞いている事は
 良い事です。

・散歩や映画、ガーデニングなどご自分の好きな事を
 して少しでも気分を変える時間を取る。

・カラーセラピーという言葉聞があるくらい
 色で人間の気分はだいぶ影響されますので、
 家の中を明るい色の物にするのは、とても
 効果があります。
 どうしても自分も家族も暗くなりがちですから、
 テーブルクロス、カーテン、カーペット、
 バスマット、トイレマット、エプロン、パジャマ、
 など目につくものをピンク、イエロー、オレンジ、
 黄緑、水色など優しく明るい色の物にしておくといいですね。

・また食卓の上にお花を飾たり、お化粧などのおしゃれを
する事で夫婦円満、引きこもりが直ったという話しもあるくらい
 食卓は大事です。

コメントを投稿する